外為のチャートとレート

正確に言うと、包茎ではない仮性包茎

それでも、まあ性生活で早漏気味になるだとか、

ハッキリとした因果関係はわりませんが、課題も

あるようですが、そこはそれだけが原因でもないので

何とも言えません。

 

でもありがちなのが、皮におちんちんの毛が挟まると痛い。という

現象ではないでしょうか?

 

これは私が剛毛?だからなのか、私は一番気になっています。

まあそれだけで包茎治療包茎手術をしようとは思いませんでしたが、

将来的に介護などを受けることまで考えたら、それで痛むより

包茎治療包茎手術をしておくべきなのかなあ?と考えることはあります。

 

そんな毛が挟まる対策として私が実践したのが、毛を剃ることです。

全部剃ってしまうことはありませんが、長い毛を剃ってみたことはあります。

これは結構効果ありです。

 

でもその毛が伸びてきたとき、毛先がちくちくする欠点があります。

 

まあ普通の髭と同じように常におちんちんの毛も剃っていけば、

問題ないのでしょう。

チャートの動きをより分析しやすくするためのものに『ローソク足』というものがあります。

 

これは、テクニカル分析に多用されるのですが、1日の値動きを一目で分かるように変換した表示が、ローソクの形に似ていることからそう呼ばれます。

 

例えば上の図では、1日の値動きが右肩上がりの状態だったことを表しています。

 

このような上昇トレンドを「陽線」というのですが、1日のチャートの動きをローソク足に変換することで、陽線の流れが一目で分かるようになりました。

 

一方、1日の値動きが右肩下がり(下降トレンド)だった場合、その値動きのことを「陰線」とよぶのですが、これをローソク足に変換するときは、ローソクの本体の部分の色を変えることで、現在が上昇か下降かの状況をすぐに判断することができます。

 

余談ですが、今や世界中で利用押されているこのローソク足は日本人が発明したテクニカル分析の方法のひとつです。

 

これらローソク足を利用することで、いろいろな時間軸を一目で見ることが可能ですから、利用しない手はありません。

テクニカル分析というのは、株価、出来高、時間から、相場や株価を分析・予測することを言います。つまり、過去の株価の動きだけを分析すし、将来の株価を予想するという分析法の総称になります。

 

株価の動きをチャートで表し分析を行う為、「チャート分析」とも呼ばれます。

 

テクニカル分析は、大きく「トレンド系」と「オシレーター系」に分けることが出来ます。

 

●トレンド系

 

相場の方向性を計るのに適した方法で、代表的なものに「ローソク足」「移動平均線」「パラボリック」などがあります。

 

●オシレーター系

 

比較的短期の相場のブレを計るのに適した方法で、代表的なものに「RSI」「ストキャスティックス」などがあります。

●株式市場の動きによる影響

 

景気が好調な国では企業の業績も伸び、その企業の株価も上昇します。それを狙って国外からの投資家も参入してきます。

 

それにより、貨幣の売買が行われる為、その国の通貨は高くなっていきます。

 

また、逆に景気が悪い場合には、企業の業績も悪くなる為、国内外の投資家は他の国の企業への投資に切り替える動きを見せる為、その時には、その国の通貨は安くなっていきます。

 

●貿易の状態による影響

 

輸出入で多額の取引を行っている企業は、商品の売買に外貨を使用します。その際に、外貨を自国の貨幣に(または、自国の貨幣を外貨に)換金する為、為替市場にも動きが出てきます。

 

結果的に、輸出企業が好調な業績を上げている場合、その国の通貨は高くなり、逆に輸入企業が好調な場合は、安くなるという傾向があります。

 

●素材・資源などの価格変動による影響

 

輸出入の関係で、素材や資源の価格変動も為替レートの変動に影響を与えます。

 

政治による影響

 

近年の極端な例としては、イラク攻撃による原油価格高騰により、為替レートは大きな影響を受けました。

 

また、中国の人民元切り上げ問題などは政治的な側面も強く影響しているようです。

市場で取引される商品は「通貨」です。

 

国際的に取引される通貨ですが、その背景や通貨の意味には様々なものが含まれています。

 

現在の外国為替取引や国際貿易の取引において、最も中心的な役割を果たし、広く使用されているのは、米ドルです。

 

各国の外貨準備高に占める米ドルの割合は非常に高く、アジアやアフリカなどでは、買い物や取引の通貨として、米ドルが普及している国もあります。

 

このように、国際貿易の取引や、外貨準備金として利用されている国際通貨のことを「基軸通貨(キーカレンシー)」と言います。

 

ゴールド(金)が国際通貨流通の裏付けになっていた第二次世界大戦までは、イギリスの「英ポンド」が世界の基軸通貨でした。

 

しかし、大戦後、その当時のゴールドの半分以上をアメリカが保有していたことにより、「米ドル」が基軸通貨になったようです。

FXという名前を聞いたことがありますか?

 

この”FX”という言葉で『外国為替証拠金取引』という言葉を表しています。

 

簡単な例を挙げてみると、海外旅行の際、日本円を現地の通貨にするとき、例えば、アメリカなら日本円をドルへと換金することになりますが、この通貨同士の交換という行為がFXなのです。

 

よく、テレビのニュースなどで「◯◯時現在、1ドル115円50銭〜55銭で取引」と言っているのを耳にしますが、これが世界中で取引されているFXのレートです。

 

FXは売買が同じタイミングであっても、売値と買値が別のレートで存在しているのです。

 

ちなみにこの売値と買値が別々に存在していることを“2wayプラス”または“2wayクォート”と言います。

当サイトについて

当サイトでは

 

 ・外国為替について

 

 ・通貨の価値について

 

 ・為替レートの変動について

 

 ・テクニカル分析について

 

 ・ローソク足について

 

上記の5項目についての紹介をしています。

 

投資は、自分の資金を投資先に預け、将来のある時点で投資した資金よりも多くの金額が戻ってくることを期待するものです。

 

しっかり勉強をして楽しくお金の運用をしてみませんか。

  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • 美容皮膚科

  •