ボリンジャーバンドを使ったFX手法

ボリンジャーバンドを使ったFX手法

ボリンジャーバンドはFX取引で人気のあるテクニカル分析です。順張り、逆張りどちらにも使えるテクニカル分析ですが、本来は順張りのテクニカル分析なので、順張り取引の方が成功しやすいといえます。詳細はクロスリテイリング アフィリエイトセンターはこちら。

 

例えば、長い時間相場が揉みあっていて+2σを突破した時は高い確率で上昇します。もちろんダマシもありますが、上昇して一旦下げた場合は抵抗線で価格が下げ止まり、再度上昇して行く場合がほとんどです。もっと調べたい方はクロスリテイリングに沢山の情報があります。

 

私はよくこの手法で取引していて、長時間ボックス相場で動いている通貨ペアを探します。それでロンドン市場がオープンした時にボリンジャーバンドの+2σや−2σを突破した方にポジションを持つようにしています。詳しく知りたい方はクロスリテイリング株式会社で検索!

 

損切りは例えば+2σを突破したので買いポジションを持った場合、−2σで注文を入れると損小利大を目指せます。私はここを参考にしましたFX-Jin 評判です。

 

また、ボリンジャーバンドの幅が広がっている時は逆張り手法が有効で、+2σや3σで価格がタッチした時に売りポジションを持ち、−2σで決済すると大きな利益が狙えます。参考にするならクロスリテイリング参考になりますよ。