いなかでの葬儀は、ふだんの近所付き合いが大切です

いなかでの葬儀は、ふだんの近所付き合いが大切です

 3年ほど前に、自分の父親が亡くなりました。そして、夫が喪主となって葬儀をおこないました。いなかなので、近所の人たちが中心になって、葬儀の準備等をおこなってくださいました。いなかでは、いまだに、このようなことがあるのです。
 こういう時に、ふだんの付き合いがものをいうのだと実感しました。近所の人たちは、わざわざ仕事を休んで葬儀の準備などをおこなってくれるのです。ふだんの付き合いが悪い人は、こういう時、あまり快く、接してもらえないっだろうと思ったのでした。我家の場合、ふだん夫がいわゆる近所の付き合いというものに、適度に出ていました。そして、当たり障りのないような付き合いをしていました。心配な方はいわき市 家族葬こちらまで

 

 すると、葬儀の際には、近所の方たちは、仕事を休みながらも、準備等を快く進めてくださいました。これが、ふだん近所の中でいばっていたり、変に目立ったりしていたら、こんな風には進まなかったと思っています。この点、夫には感謝しています。